1. 無料アクセス解析







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逆日歩回避

逆日歩の発生しない、
一般信用取引の売り建てができる証券会社は
カブドットコム証券
・松井証券
・岩井証券
・大和証券
です。

よく株主優待・PO等のヘッジの為に空売りをします。
その場合逆日歩が発生して思わぬ出費につながることがあります。
しかし一般信用取引の売り建ては逆日歩が発生しません。
逆日歩の心配をせずに空売りを行うことができ、
少なくとも逆日歩には怯えることなく日々過ごすことができます。

特にPOの場合は長期間持ち越すので逆日歩は無視できません。
株主優待の場合は短いので気にする必要はありませんが、
人気のある優待銘柄だと優待分以上持っていかれます。

それから株主優待権利付最終日やPO発表後は
空売りが急激に増加し逆日歩も発生しやすくなるので。


一般信用取引利用方法

株主優待タダ取り(配当とかにも使える)
権利付最終日の寄り付き前に同数
現物株式で成行で”買い”注文
信用取引で成行で”売り”注文

翌日(権利落ち日)に”現渡し”で優待権利タダ取り終了
最初の両建ての手数料のみで優待権利が手に入ります。

PO利益確定方法
当たり前ですがまずはPOに当選しなければなりません。
それで申し込み日が2日間余裕があるので、
発行(売出)価格より高い値段で空売りし、申し込めば確定。

ただしこれは最低限の利益確定方法なので
申し込んだ後に受け渡し日までにヘッジするのもよいし、
今後必ず株価が上がると思うなら、
空売りしないほうが利益が取れます。
この辺は会社の知名度・規模・株の希薄化・地合いと
いろいろ絡むので難しいところです。

それから当選確率を上げるために、
いろいろな証券会社で申し込むと、
どの証券会社でPOが当選するかわからないですよね?
その場合は一般信用取引で売り建てできる証券会社で、
とりあえず当選した枚数分を空売り。
現物を移管して現渡しするのもよいのですが、
そこは「損して得取れ」
手数料気にせず受渡日寄り付きで清算しましょう。
(株式CFDでヘッジした場合この方法しかありませんが)
資金拘束を気にしない人は別ですが。

ちなみにどちらの利用法も売り禁になったらどうしようもありません。
株式CFDで可能ならヘッジしましょう。

逆日歩発生を気にしない人は
クリック証券は信用取引 一律150円でオススメ
オリックス証券・エイチ・エス証券・岡三オンライン証券・SBI証券なども安いです。
信用取引比較記事(逆日歩が発生する可能性あり)


記事が長くなってしまったので証券会社比較は別記事で


一般信用取引で売り建て可・逆日歩発生しない証券会社比較


↓よろしければクリックしてランキング応援にご協力お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
↑もっと詳しい情報をお探しの方も
[ 2009/10/13 00:00 ] 証券会社 証券会社比較 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipopotachiaigaidata.blog99.fc2.com/tb.php/158-02c30167











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。